スバルの中古車の乗り換えについて

スバルの中古車に乗っていた体験談
社会人になり、すぐに車を購入しました。それは、マツダのRX-8になります。新車で購入し、通勤から旅行まで・・。私の生活にはなくてはならないものとして、大切な相棒として一緒にいました。しかし、それも今では6年目となり、少しずつ故障個所が増えてきました。ただ、愛着もあるため、なかなか手放すのも寂しい。そこで、今後、車の乗り換えをしていく上でどうしていこうかをここで考えていきたい。

まず、現在搭乗しているマツダRX-8は、世界で唯一のロータリー搭載車。走行していく上で、軽量コンパクトなエンジンは、コーナー安定性があり自分の思い通りのラインに乗せていくことができる。しかし、その反面、2駆であるにもかかわらず、エンジンの形式上、燃費が極悪であり、寒冷地では2駆の不便性も出てくる。そこで、乗り換えを考えているスバルのインプレッサではどうか?こちらもエンジンの形式は水平対向エンジン、いわゆるボクサーエンジンとなる。エンジンを低位置に搭載できることにより、重心を低くすることができ、走行するうえで安定しているといえる。さらに四輪駆動となることで、寒冷地では簡単に走破していくことができる。燃費の面では、カタログ上でRX-8と同等ぐらいである。そういった意味では維持費では、大きな変化はないだろう。ただし、安全面では四輪駆動に軍配があがる。やはり、今後の寒冷地での後輪駆動は厳しく、四輪駆動の方が安全だろう。そこで、乗り換えをするなら中古車のインプレッサにしてこうと思う。

関連記事・情報