スバルインプレッサの5年落ち中古車を購入しました。

スバルの中古車に乗っていた体験談
1年半前に、それまで7年90、000km(購入時3年落ち、30、000km走行の中古車だったので都合10年120、000km)乗ったホンダキャパ1.5Lから、やはり中古車ですがスバルインプレッサスポーツワゴン1.5Lに乗り換えました。本当はレガシーツーリングワゴンが欲しかったのですが、我が家の猫の額ほどの庭に奥さんの育てている鉢植えの花たちが増殖し、レガシーの入る余地がなくなっているため、何とか入る長さのインプレッサスポーツワゴンに的を絞りました。インターネットで探し始めて3ヶ月、神奈川県のスバルのディラーに人気のWRXブルーのインプレッサスポーツワゴンを見つけ、走行距離、キズの程度、装備品などを確認して購入を決めました。

休日を利用して、馴らし走行を兼ね埼玉県から神奈川県まで往復6時間、インプレッサを取りに行ってから1年半がたったので、これまで気のついたことを2〜3あげてみました。5年落ち、35、000km走行の中古車ですがボディ/シャーシはカチッとしており、ハンドリングにも緩みなどは感じられません。兄貴分のレガシーもシャーシがしっかりしており、スバルの車作りに好感が持てる所以だと思います。コーナリングもしっかりと剛性が感じられ、車高が高いキャパや古いカローラのようにコーナリングでグニャとした感じは全くなく、安心感のあるコーナリング/ハンドリングが楽しめます。スバル独自の水平対向エンジンは、多くの横置きFF配置の小型車にある加速/減速時のエンジン自体のトルク感がなく滑らかに回り、その特有の排気音と共に運転していることを楽しくしてくれます。

関連記事・情報