スバルの中古車に乗っていた体験談

スバルの中古車に乗っていたことがあります。

スバルの中古車に乗っていた体験談
古くから水平対向エンジンを搭載するスバルの車は、昔から好きでした。僕が中古車を購入sたころは、スバルは非常に特殊なメーカーだと言えました。熱狂的なファンは非常に多いのに、それほど車は売れていませんでした。もともとは航空機を作ってていた会社がこのブランドの前進です。16気筒の航空機エンジンの中で、一番痛みの少なかったのが、水平位置にある2気筒だったと言うことから、水平2気筒エンジンを作り出したそうです。吸気系の形状から、燃費は余り良くありません。また、あの独特の排気音も嫌いだという人がすごく多く、今はかなりその音を抑える洋に作られています。ただ、僕の大好きなドイツのメーカーと同じように、水平対向4気筒エンジンを積むスバルの車はあこがれでした。水平対向にすることで、エンジンの重心を低く抑えることが出来るというのも魅力です。ラリーなどでも実績があり、悪路にも強いという印象も持っています。スバルと言えばやはり4WDというイメージが強く、購入した中古車も4WDでした。作りも非常に良く、ほとんどなm¥に籾図にこの車と決めたのですが、走りも非常に良かったです。

唯一、吸気系の形状の問題で、燃費がイマイチでした。それが回¥前されれば、コレまで乗った中古車の中で、ナンバーワンと言えるのでは無いかと考えています。昔に比べて、スバルのファンは非常に多くなっています。ステーションワゴンで成功を収めたことが非常に大きかったのだと思います。日本で、ステーションワゴンを一躍有名にしたのはスバルだと言えます。それまで日本でステーションワゴンは全く売れない車種だったのですから。スバルの功績は非常に大きいと言えるはずです。今や日本の道にも数多くのステーションワゴンが走る時代になったのも、スバルというブランドがあったからだと考えます。今後も良い車をドンドン提供して欲しいメーカーだと考えます。世界に誇れるブランドになって貰いたいです。

関連記事・情報